卵管結紮手術の費用は?実際の費用をブログで大公開!体験レポも!

出産で帝王切開をする場合、帝王切開の手術費用だけでも高いですね。

帝王切開手術に加えて、卵管結紮手術もするには、追加で費用を払わなければいけません。

ここでは、卵管結紮手術の費用はいくらなのか?

実際に卵管結紮手術をした私が、その費用と体験したレポートを当ブログで大公開します!

卵管結紮手術の費用は?

卵管結紮手術にかかった費用は、43,500円です。

卵管結紮手術は、保険適用外で、全額自己負担になります。

帝王切開手術と同時に実施した場合も、出産育児一時金の対象とはなりません。

また、卵管結紮手術には、卵管を結ぶ手術と、卵管を切る手術があります。

ここで、卵管を結ぶ手術にするのか?切る手術にするのか?迷いますよね。

私も、産婦人科の先生に、「どちらにしますか?」と聞かれて、困りました。

すずめ
すずめ

どっちにしますか?と聞かれても、全く知識がないので、選べない…

悩んだ末、結局、私が選択したのは、卵管を結ぶ手術です。

病院の先生に聞いた卵管を結ぶ手術と、卵管を切る手術の違いは次の通りです。

 卵管を結ぶ卵管を切る
費用安い(切るのに比べて約半分)高い
妊娠の可能性低い(切るのに比べて確率は上がる)低い
選択する人少ない多い

卵管結紮手術の費用について、卵管を切るよりも、卵管を結ぶ方が、安くできるそうです。

妊娠の可能性については、どちらもほぼ妊娠することはないそうですが、ごくごくまれに妊娠する可能性があるそうです。

そのごくごくまれに妊娠する確率は、卵管を切るよりも、卵管を結ぶ方が、高いそうです。

また、卵管結紮手術を希望する人の中では、卵管を切る手術を選択する人が多いそうです。

やはり、皆さん、妊娠する確率が少しでも低い方を選択するのですね。

すずめ
すずめ

ちなみに、私は、どちらも妊娠することはほとんどないということで、少しでも安い方をと卵管を結ぶ手術を選択しました。

帝王切開手術にかかった費用はこちらをどうぞ!

卵管結紮手術はどうだった?体験レポート!

卵管結紮手術について、4つの項目に分けて、体験レポをまとめました!

私の感情

もう子供はいらないと思っていても、実際に不妊手術をすることには抵抗があるものです。

しかし、考えた結果

  • 子宮に負担がかかるリスクを侵してまで、4人目を産むつもりはないこと
  • 卵管結紮手術は、帝王切開手術のついでにできるので、自身の身体への負担は変わらないこと
  • 夫が、卵管結紮手術をすることに賛成したこと

上記のような理由により、卵管結紮手術をすることを選択しました。

手術時間

卵管結紮手術は、帝王切開手術をした後に行うので、手術時間は、帝王切開手術に、プラス30分くらいかかります。

しかし、下半身麻酔が効いているので、何をしているのかは、全くわかりません。

痛み

卵管結紮手術をした痛みはありません。

もちろん、出産による、帝王切開手術と後陣痛の痛みはあります。

手術をして1ヶ月ほどたちますが、卵管結紮手術をしたことで、身体に変化はありません。

生理

生理は、今までと変わりなく、あります。

病院の先生によると、卵管結紮手術をしても、生理に影響する女性ホルモンには変化がないため、生理は普通にあるとのことでした。

追記

帝王切開で出産後、9ヶ月目に生理が再開しましたが、生理が軽くなっていました。

私自身、本当にびっくりしています。

これは、卵管結紮手術をしている影響なのでしょうか…?

生理期間:3日程度

量:昼は、2日目であったも、4日目程度の量しか出ないという感じです。

夜は、夜用ナプキンは必要ないです。

ピルを飲んだことがある方はわかると思いますが、ピルを飲んでいる期間も、生理は来るものの、軽いです。

ピルを飲んでいるときに来る軽い生理という感じです。

今後、以前のような生理に戻ってくるのかなと心配もしていますが…

また追記します。

まとめ

卵管結紮手術は、43,500円でした。

卵管結紮手術には、卵管を結ぶ手術と、卵管を切る手術がありますが、私が行ったのは、卵管を結ぶ手術です。

これは保険適用外のため、全額自己負担となります。

卵管を切る手術の方が、値段が高い、妊娠の可能性はより低い、切る方を選択する人が多いとのことです。

また、卵管結紮手術をした痛みはなく、身体に変化はありません。生理も普通に始まります。

妊娠の可能性がほとんどなくなったということで、私は、卵管結紮手術をしてよかったと思っています。

この記事が、これから、卵管結紮手術をしようか悩んでいる方の参考になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA