所得制限は不公平?線引きするな!18歳以下に10万円給付金への意見まとめ!

ニュース

自民公明両党は、18歳以下に10万円の給付金を出すことで合意しました。

子育て世帯にとっては、嬉しい反面、今度は、所得制限を設ける話が浮上しました。

自民党は、年収960万円の所得制限を設けると主張しています。

公明党は、所得制限を設けず、一律給付を主張しています。

10万円給付に関して、所得制限を設けることに関して、不公平を感じている人も多いはず。

皆さんの意見をまとめました。

 

960万円の線引きはおかしい!私たちは裕福ではない!

自民党は、所得制限の線引きとして、年収960万円を主張しています。

そもそも、年収960万円とは、裕福なのでしょうか?

これは、年収300万円の人からすると、年収960万円は裕福である!という回答になります。

しかし、年収1500万円の人からすると、年収960万円は裕福でない!という回答になります。

年収960万円が裕福かどうかという話は、どこまでいっても平行線ですね。

しかし、年収960万円をギリギリ超える世帯からは、960万円で線引きすることに不満の声が上がっています。

年収960万円を超える人は、色んなことを犠牲にして、その年収を得ています。

  • 学生時代、必死で勉強して、難しい国家資格を取得し、その資格で仕事をしている
  • 毎日、子供との時間を犠牲にして、深夜まで残業をし、休日も出勤している

ラッキーで年収960万円以上を得ている人はほとんどいません。

みんな努力によって、年収960万円以上を得ているのです。

努力によって得た年収を利用して、年収で線引きし、給付金を給付しないのは、不満が出て然りです。

また、年収960万円の人たちは、累進課税の影響で、多くの税金を納めています。

さらに、年収960万円は、児童手当の線引きと同じであるため、年収960万円を超える世帯は、児童手当も減額されている世帯となります。

現在の日本のために多くの税金を納めて、将来の日本のために子供を育てている。

特にギリギリ年収960万円を超える世帯にとっては、この線引きは納得できないでしょう!

正直、なんとか少子化を打開したい国としては、年収960万円以上の世帯には、たくさん子供を産んでほしいのではないでしょうか?

今回の給付金騒動で年収960万円以上の世帯を敵に回すことは、少子化対策を推進しなければならない国としても、得策はないですよ。

 

960万円の線引きはおかしい!子供の人数、住んでる場所…

コロナによる影響、必要な支出というのは、各家庭によって異なります。

一律で年収960万円の線引きをすることは、不公平です。

子供の人数が、1人の人もいれば、2人、3人、4人という人もいるでしょう。

住んでいる場所が、都会か田舎かによっても、必要な資金は異なるでしょう。

コロナにかからず学校に通えた人もいれば、休校になって家庭での待機を余儀なくされた人もいる。

コロナにかかって、自宅療養となった人もいる。

各家庭によって状況が異なります。

これを、年収で区切ってよいのでしょうか?

色んな状況の人がいる中で、一律960万円で区切るのは、納得できない人も多いですよね!

 

所得制限するなら、本当に困っている人たちへ…公務員家庭はもらえる10万円

給付するなら、本当に困っている人たちに給付してほしい。

年収960万円を超える人も、このように思っていると思います。

ところが、年収960万円で線引きすることで、90%の人が支給されることになるそうです。

貰えないのはたったの10%ということで、この10%の人が怒るのは当然でしょう!

 

では、今回給付金が貰える年収960万円未満の人は、本当にコロナの影響で生活が困っているのでしょうか?

例えば、公務員、教職員などの人たちは、一部を除き、ほとんどが年収960万円未満に該当します。

なんなら、公務員は、コロナで民間企業が大変な思いをしている中でも、倒産や減給のリスクもなく、過ごせた人たちです。

どうせ所得制限をかけるなら、少なくとも公務員の年収以下では、線引きするべきではないでしょうか?

身内においしい線引きでは、納得できないですよね。

 

年収の線引きは、収入の多い方か?世帯主年収か?

児童手当は、夫婦の合算年収ではなく、所得が多い方の年収のみを基準としています。

この影響で言うと、例えば児童手当は、

年収1000万円の夫+専業主婦の妻=世帯年収1000万円であれば、特例給付(5000円のみ)
年収800万円の夫+年収600万円の妻=世帯年収1400万円であれば、満額給付(1万円or15000円)

となります。

現状、前者のような夫の年収が高い世帯から、貰える児童手当の額が少なく、不満が出ています。

しかも、前者の場合、累進課税の影響で、年収が多いほど、多く納税しているのです。

今回の10万円給付については、現在、世帯合算年収を基準とするのか、世帯のうち年収の高い方を基準とするのかについては、公表されていません。

しかし、配布の簡便さを考えると、児童手当と同じ、世帯のうち年収の高い方を基準とするのではと推測されます。

これに関して、ツイッター上では、早くも落胆の声が上がっています。

線引きするなら、世帯合算で線引きしないと、不公平となりますよね!

 

結局、最もいいのは、一律10万円給付ではないか。

所得制限を設けることで、不満を感じる層がでてきます。

また、所得制限を設けることで、子供たちの間でも、各家庭の所得が見えるようになってしまいますよ!

今回の10万円給付は、年収960万円で線引きすることに、得策はありません。

将来、この国を支える子供たち、そしてその子供たちを育てている子育て世帯には、年収に関わらず、一律10万円給付するべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました