違う証券会社で同じ銘柄の株を購入!株主優待は2倍もらえる?

違う証券会社で同じ銘柄の株を購入すると、株主優待は2倍もらえるのでしょうか?

正解は、もらえません!

私は、株主優待銘柄として人気があるヒューリックの株を、A証券で現物で保有していました。

ヒューリックの株は、株主優待が魅力的らしいと聞いて、もう一つ欲しいなと思い、B証券会社でクロス取引をしました。

この時は、別の証券会社で購入すると、2つもらえると思っていたんですね。

……でも、調べてみると、別の証券会社で同一銘柄の株を購入したとしても、株主優待は一つしかもらえないことがわかりました。

今回、私が調べてわかった理由をまとめました。

違う証券会社で同じ銘柄の株を購入した場合、株主優待はどうなる?

次のような条件で株を購入します。

  • C銘柄:株主優待をもらえる権利は100株
  • A証券:C銘柄を100株購入
  • B証券:C銘柄を100株購入
  • →株主優待は1つもらえます。

違う証券会社において、同一人物名で同じ銘柄の株を購入した場合、株主優待は1つしかもらえません。

違う証券会社で購入しても、株主優待が1つしかもらえない理由は?

株主は、証券会社を通じて、株の売買を行いますが、証券会社では、株の売買の代行を行っています。

株の保管、株の名義変更は、証券保管振替機構(ほふり)で行われています。

A証券で株を購入した場合も、B証券で株を購入した場合も、その株式の名義情報は、ほふりで管理されています。

つまり、違う証券会社で同一銘柄を購入した場合でも、その情報は、ほふりで統合されることになります。

C銘柄の株主優待の権利が100株であり、それを違う証券会社で所有し、合わせて200株持っていても、株主優待は2倍にはなりません。

株主優待を2倍もらうにはどうしたらいい?

株主優待を2倍もらうには、どうしたらいいでしょうか?

これは、名義が異なる人物が、株を購入することです。

例えば、家族で、夫と妻、それぞれでC銘柄を100株ずつ取得すると、株主優待は2倍もらえることになります。

クロス取引をする場合も同じく、株主優待が2つ欲しければ、異なる名義人で、クロス取引をする必要があります。

おわりに

違う証券会社で、同じ銘柄の株を購入して、株主優待を2倍もらおうとしましたが、ほふりで一元管理されているため、できないことに気づきました。

結果、私は、クロス取引の手数料だけがかかることになってしまいました。

今回の失敗を経て、次は同じ失敗をしないようにします。

同じような疑問を持たれた方の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA