コロナ変異株の名前の由来は?名前の付け方に規則はある?

ニュース

2021年9月、日本国内で、ミュー株の感染者が出たことが、発表されましたね!

ミュー株は、2021年1月にコロンビアで確認されて、ヨーロッパなどでも確認されていました。

ちょっと前は、南米で、コロナウイルスのラムダ株の感染が拡大していると話題になりました。

次々と、コロナウイルスの株が発見されますね。

日本では、デルタ株の感染拡大が話題ですが、「デルタ」や「ラムダ」、「ミュー」…これってギリシャ文字ですよね。

実はすでに、「イプシロン株」「ゼータ株」「イータ株」「シータ株」「イオタ株」「カッパ株」なんていう変異株もあるんですよ!

この記事では、コロナ変異株の名前の由来について説明します。

 

コロナ変異株の名前には、ギリシャ文字のアルファベットを使用している!

WHOは、コロナ変異株の名前の由来は、ギリシャ文字を使用すると発表しました。

なんでも、国名や地域名をつけると、差別につながるので、使用しない方針だとか。

 【図解】新型コロナウイルス変異株、WHOの新呼称

新型コロナウイルス変異株のWHOの新呼称についてまとめた図(2021年6月1日作成)。(c)GAL ROMA, PAZ PIZARRO / AFP

引用元:AFP●BBNews

この中で、特に毒性や感染力が高く、「懸念される変異株」として4種類を指定しました。

「アルファ株」「ベータ株」「ガンマ株」「デルタ株」ですね!

 

また、市中感染やクラスターが多発したり、複数の国で検出した可能性があるものを「注目すべき変異株」として、指定しました。

今回、発見された「ミュー株」もこちらに該当します。

「イプシロン株」「ゼータ株」「イータ株」「シータ株」「イオタ株」「カッパ株」「ミュー株」ですね!

 

あまり聞いたことがなかったんですが、すでに、「イプシロン株」「ゼータ株」「イータ株」「シータ株」「イオタ株」「カッパ株」なんかもあるんですね!

 

ギリシャ文字は何文字ある?高校数学でも使用している!

ギリシャ文字は全部で24文字あります。

 

大文字 小文字 名前
Α α alpha アルファ
Β β beta ベータ
Γ γ gamma ガンマ
Δ δ delta デルタ
Ε ε epsilon イプシロン
Ζ ζ zeta ゼータ
Η η eta イータ
Θ θ theta シータ
Ι ι iota イオタ
Κ κ kappa カッパ
Λ λ lambda ラムダ
Μ μ mu ミュー
Ν ν nu ニュー
Ξ ξ xi クサイ
Ο ο omicron オミクロン
Π π pi パイ
Ρ ρ rho ロー
Σ σ sigma シグマ
Τ τ tau タウ
Υ υ upsilon ユプシロン
Φ φ phi ファイ
Χ χ chi カイ
Ψ ψ psi プサイ
Ω ω omega オメガ

 

ちなみに、ギリシャ文字といえば、高校数学で使いますよね。

高校数学では、次のような意味で使います。

 

小文字,大文字:読み方

使い方

:アルファ

とりあえず文字を使いたいときに一つ目の記号として使う,方程式の解,アルファ線

:ベータ

二つ目の記号として使う,方程式の解,ベータ線,ベータ関数

:ガンマ

三つ目の記号として使う,比熱比,オイラー定数,ガンマ線,ガンマ関数,円

:デルタ

ディラックのデルタ関数,クロネッカーのデルタ,微小量,対称差,ラプラシアン,行列式

:イプシロン

微小量,誘電率,エディントンのイプシロン,ひずみ

:ゼータ

ゼータ関数,1 の n 乗根

:イータ

比較的いろいろなパラメータに使われる

:シータ

角度,ランダウの記号

:イオタ

あんまり使わない

:カッパ

曲率

:ラムダ

波長,固有値,添字集合

:ミュー

摩擦係数,透磁率,マイクロ,平均

:ニュー

振動数

:グザイ

比較的いろいろなパラメータに使われる,大分配関数

:オミクロン

ランダウの記号

:パイ

円周率,n までの素数の数を表す関数,積の記号

:ロー

密度,相関係数

:シグマ

面密度,置換,標準偏差(分散),応力,和の記号

:タウ

時間を表す変数,時定数,置換,捩率

:ウプシロン

速度を表すのに使うことがあるかも

:ファイ

角度,特性関数(確率論),ポテンシャル,オイラーのファイ関数,波動関数

:カイ

カイ二乗分布(統計)

:プサイ

波動関数

:オメガ

角速度,事象,1のn乗根(特に三乗根),抵抗の記号(オメガ)

引用元:https://manabitimes.jp/math/944

私も、高校数学で使用した記憶があるので、懐かしいです。

24文字なので、これに収まらないほどの変異株が出てこないことを祈るばかりです。

 

新たな変異株、ミュー株の名前の付け方は?

コロンビアを中心に感染が拡大しており、日本国内にも入ってきている新しい変異ウイルス。

南米で感染が拡大している「ラムダ株」の次ということで、「ミュー株」となっています。

ミューの次の「ニュー株」、その次は、「クサイ株」となります。

クサイ株については、既に、ツイッターでも話題になっていますよ!

「クサイ株」という名前、日本語の臭いという意味とリンクさせて、かかりたくないと思っている人も多いようですね。

もちろん、クサイ株に関わらず、コロナウイルスにはかかりたくはないですが…

まとめ

コロナ変異株の名前は、ギリシャ文字に由来します。

「イプシロン株」「ゼータ株」「イータ株」「シータ株」「イオタ株」「カッパ株」「ラムダ株」なんていう変異株もありました。

「ミュー株」は最新の変異ウイルスのようですね。

ミュー株の次が、ニュー株、その次がクサイ株となるようです。

どうか、コロナウイルスがこれ以上変異しませんように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました